無線LANを利用する価値について

###Site Name###

無線LANと言うのは、LANケーブルを使わずにインターネット接続を可能にしてくれる仕組みを意味しています。プリンターなども無線LANを利用してあげれば、パソコンとは離れている場所からでもプリントアウトをを可能にします。家の中などに複数のパソコンがある場合などでは、プリントアウトを行うたびに印刷機をパソコンの近くに移動して、線を接続するなどしてからプリントアウトをしなければなりません。


しかし、無線LANを利用して一台の印刷機を共有しておけば、どこからでもプリントを可能にしてくれるのです。これは機能性を高める上では無線LANはとても役立つ存在であり、複数のパソコンを家の中で利用している場合には役立つ仕組みでもあるのです。



また、機能性を高める意味において、LANケーブルと言うものは邪魔な存在になります。



LANケーブルを家の中に這わせる事で、そのケーブルにつまづいてしまい、怪我をする事も有ります。
また、LANケーブルが通信中に抜けてしまうと、メールの送信などにも影響を及ぼす事になるのです。
その点、無線と言うのは送受信が可能な場所にパソコンがあれば、インターネットが途切れる事無く送受信を可能にしてくれますので、機能性を高めると言う効果にも繋がるわけです。



但し、無線と言うのは1つだけデメリットが有ります。

これは障害物などがあると、特定の場所では送受信が出来ないと言う事です。

しかし、最近の無線LANの精度は高くなっておりデッドポイントとなる場所が少なくなっていると言います。